妊娠中に肌荒れでお悩みの方におすすめの化粧品をご紹介しています。肌荒れをしっかりとケアできるというだけでなく、妊娠中でも使えるように、安全性にこだわっている化粧品を厳選しました。繰り返し肌荒れを起こしてしまう方は、ぜひ、こちらをご覧いただければと思います。

妊娠中の肌荒れに使うべき化粧品とは?

妊娠中の肌荒れでも安心して使える化粧品のポイント
肌の炎症をケアできる成分が配合されているもの
妊娠中はホルモンバランス胃の乱れにより肌が炎症を起こしやすい状態となっています。炎症が起こると肌荒れの原因となってしまうので、肌の炎症を抑える有効成分が配合されているものを選ぶことをおすすめします。
肌のバリア機能を高めてくれるもの
肌のバリア機能が低下すると、外的刺激を受けやすくなり、結果として肌荒れを引き起こしてしまいます。ですから、肌のバリア機能を強化する成分が配合されているものを選ぶことをおすすめします。
皮膚科医の承認を得ているもの
妊娠中に一番注意したいのが安全性です。化粧品を選ぶときは皮膚科医の承認を得ているかをチェックすることをおすすめします。皮膚科医が安全性を確認したものであれば、安心して使うことができます。

妊娠中の肌荒れに効く化粧品ランキング

アヤナス
肌の炎症を抑えるコウキエキス・ラベンダーエキス、肌のバリア機能を抑えるヒト型ナノセラミド・ヴァイタサイクルヴェールを配合した化粧品です。炎症を抑えつつ、肌荒れを起こしにくい肌へと導いてくれます。皮膚科医がモニターテストに立ち会い、安全性を確認しているので、妊娠中の方でも安心して使うことができる化粧品となっています。
炎症ケア:◎ バリア機能アップ:◎ 皮膚科医:◎
ヒフミド
ヒト型セラミドが高濃度で配合されているので、肌のバリア機能を強化するのに適した化粧品です。ヒフミドの全てのアイテムにヒト型セラミドが配合されているので、セラミドをしっかりと補給できるというところが魅力となっています。製薬会社である小林製薬が開発しているというところも安全性という面で安心できるポイントとなっています。
炎症ケア:◎ バリア機能アップ:◎ 皮膚科医:△
セラミディアル
4種類のヒト型セラミド(セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド6Ⅱ)が配合された化粧品です。セラミドで肌のバリア機能を高めるというだけでなく、タイトジャンクションという処方により、水分蒸発を防いで乾燥しにくい状態へ未飛びいてくれるところが魅力となっています。
炎症ケア:○ バリア機能アップ:◎ 皮膚科医:△
アスタリフト
肌のバリア機能を高めてくれるヒト型ナノセラミドを配合した化粧品です。また、乾燥によって肌が炎症を起こさないように、3種類のコラーゲン(水溶性コラーゲン・浸透性コラーゲン・ピココラーゲン)を配合し、高い保湿力を実現しています。アスタキサンチンなどのエイジングケア成分も配合されているところも魅力です。
炎症ケア:△ バリア機能アップ:◎ 皮膚科医:△
プラセラ原液
セラミドの原液が配合された化粧品です。セラミドを原液で配合することによって、高濃度な状態で肌に浸透させることができます。セラミドの他にはプラセンタが原液で配合されています。セラミドとプラセンタによって、高い保湿効果が得られるところがポイントとなっています。ただし、炎症を抑える成分が配合されていないところが残念です。
炎症ケア:× バリア機能アップ:◎ 皮膚科医:△

妊娠中の肌荒れに効く化粧品として最もおすすめなのは?

妊娠中に最適なのは敏感肌専用の「アヤナス」です!
肌の炎症を抑える抗炎症成分を配合
⇒ 肌の炎症を抑える成分として「コウキエキス」「ラベンダーエキス」を配合しています。2種類の抗炎症成分を配合することによって、時間差でじっくりと炎症をケアすることができます。
肌のバリア機能を高めて肌荒れを防ぐ
⇒ 肌のバリア機能を高める成分として「ヒト型ナノセラミド」「ヴァイタサイクルヴェール」が配合されています。ヒト型ナノセラミドは角質層をうるおいで満たしバリア機能を強化し、ヴァイタサイクルヴェールは肌表面にバリアを形成し、外的刺激から肌を守ってくれます。
皮膚科医が安全性を承認している
⇒ モニターテスト時に皮膚科医が立ち会い、安全性を確認しています。肌の弱い敏感肌の方を中心としたモニターテストで、肌に悪い影響を与えた事例がないことを皮膚科医がしっかりと確認していますので、妊娠中の方でも安心して使うことができます。

特許成分で肌荒れしにくい肌へ導いてくれるのは皮膚科医認定の「アヤナス」だけ!